2011年12月05日

筋肉痛の週明け

今日から1週間の始まりですが、朝は、寒さだけでなく、筋肉痛+睡眠不足+二日酔いで、起きるのがつらかったです。

しかも、筋肉痛は、酔いがさめるにつれ(笑)、だんだん強くなり、特に、普段痛くなったことがない、肩(うまくいえませんでんが肩たたきをするところ^^)や、肩甲骨の背骨沿い、腹筋まで痛くなる始末(涙)。そして夕方にはふくらはぎも、、、、
明日の朝は起きられないかも^^;

仕事中は、睡眠不足と筋肉痛で、まるで頭が働かず、フェイクのために、必死でキーボードをたたいてました(笑)。


週末ですが、土曜日は、マイプールのスイトレの日、遅刻してしまいましが参加しました。

肩の痛みがまだ残っており、何だかいやな感じ。
そんなこともあって、メニューは半分くらいしかこなせませんでした。



翌日の日曜日は、水夢王国の基礎編アドバンス練習会に参加しました。
こちらの練習会は、王国の基礎練習会を担当しているカズンコーチが、さらに少人数制で密度の濃いレッスンをしてくれるもの。
世話人は、えいじろうさんがしてくださっています。

参加者は、美女3人と、えいじろさん、私のおじさん二人の計5人。美女のお一人は、なんとマラソン大会を終えてから参加された方、にもかかわらず、フラットなバタフライを軽々と泳いでらっしゃいました。

この日のテーマはバタフライ。前回に基礎編の続編となるものです。

実は、来年の年明け早々には、某区民大会、その翌週にはCMCと、新年早々に幸先のいい大会突入予定となってます。
大会はバタフライでエントリーしてますので今回の練習会は外せません。

2,000mほどみっちりとドリルを行い、最後は水中撮影も行っていただきました。

例によって(笑)、練習会の内容の詳細はこちらのえいじろうさんブログ参照。

ポイントは、こんな感じです。(自分用に補足メモを加えました)
常にこれを意識しながらドリルを行うよう、意識付けをしてくれました。


○入水後すぐにスカーリングに入ること
 →×××これによりドーンと深く潜るドンブラコバタフライになることを防ぎ、フラットな泳ぎに近づけるそうです

○プッシュは押し切らずに小指から抜くこと
 →×××競泳選手は最後まで押し切るが、楽に泳ぐことを優先。さらに、掻き始めではなくフィニッシュに2ndキックをあわせる。

○顎が水面から大きく離れず顔を上げすぎない
 →×××一流選手は顎が水面についた状態で、水面ぎりぎりで呼吸している。顔を上げ過ぎる→状態が立つ→下半身沈む→腕力で上体を上げるしかない→疲れるという悪のスパイラル(笑)に陥ります

○1キック2キックとも同じ強さで
 →×××伝統的なバタフライ指導では、1stキックは大きく強く、2ndキックは短く鋭くだったが、今は同じ強さで。

○キックは腹筋を入れてお尻があがるようなキック
 膝を曲げてうちおろすだけは×
 →×××腹筋が入ってないと、お尻は上がらないし、状態が起きてしまう。

○できるだけ潜り過ぎないフラットなバタフライを目指す
 →×××



自分でできていないものに×をつけたら、全×になってしまいました(涙)。
できていない=伸びしろ大、ということで前向き思考(^-^)



■主なメニュー(記憶脱落多数あるかも、笑)
ラストのスイム撮影以外は、すべてフィン着用です。


・ドルフィンキック(手はけのび状態)
 →キックがずっと水中にあるようだと腰が落ちてるのでだめ、かといって、水をたたきまくるのもひざ打ちなのでダメ

・水中サイドキック(6回ほど打ったら、浮き上がって呼吸して、左右入れ替えて繰り返し)
→アップキックとダウンキックが均一にできていないと曲がる

・バックオンフライ(BOF)→キックの振り幅が大きくならずにできるだけ狭くするイメージで

・2キック、1フロントスカーリング(入水後に状態を沈ませないために手を広げるイメージ)

・2キック、1リアスカーリング(掻き始めに2ndキックが入るのはダメ、手を抜く=フィニッシュにあわせて2ndキックを)

・片手スイム(入水後のスカーリング、フィニッシュと2ndキックの同期、顔を上げ過ぎないことに意識)

・右手3,左手3,両手1のスイム(ドルフィンキック)

・右手3,左手3,両手1のスイム(バタ足キック)

・スイム(普通のバタフライ)


ドリルってよく練習でもやりますが、あまり目的意識を持たずによることが多いような気がします。
こちらの練習会のいいところは、何のためのドリルなのかをしっかりと意識付けして泳がせる点。



それと、フィンの使用は、プルの負担を軽減して、過度にバテルことなくフォーム練習を続けるためだそうです。

ちなみに、このフィンは、大魔王に教えていただいたもの。
T2フィンというネーミング(正式名称はHydro TECH 2 Training Swim Finsらしい)や、その美しいデザインと色に一目ぼれしていら、ずっと探していたのですが、日本での発売はしていないらしく、ネットでたまに見つけても売り切れだらけ。

気長に探すしかないかなと思っていた矢先、なんと、EKIDENの会場で、日本発売開始ということでタイミングよく展示をしてくれていたんです。
ようやく入手して初使用、道具コレクターのワタクシですが、どんな道具か不安もあったので、通常のフィンも予備として用意して行きました。
荷物は重かったですが、新しい道具を使えると思うとうきうき状態でした。

カズンコーチ曰く、ハイドロなんとかで、水が抜けるからよく進むすごいフィンらしい。
なんとなくほめられました。私ではなくフィンですが(笑)。


このフィン、大魔王からお聞きしていたとおり足へのダメージがすごい。5分後くらいから、足がすぐに攣りそうになります。
立っているだけで、ふくらはぎがピキピキしてるのがわかり、一度攣ったら癖になると思い、こらえるのに必死でした。
(こらえられるか不明ですが、気持ちの問題として一応^^)


推進力もけた外れと聞いていたのですが、、、、、あれっ、、、うーん、、、まだ体になじんでないからか(笑)、、、、後日検証ということで。

厳しい練習会での達成感も好きですが(といっても私の場合サークルアウトじょうれんですが^^;)、その後の練習をしたくなるモチベーションアップにつながる練習会も最高です。とても有意義な一日でした。

もちろん終了後は駅前のラーメン屋で打上。
楽しい時間を過ごすことができました。


新幹線の終電ぎりぎり、しかも、大きな荷物を抱えた状態で、東京駅の長い通路をダッシュしていただいたカズンコーチ、ありがとうございました<(_ _)>



posted by パーツ at 17:47| 千葉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 水泳 - 練習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
後ろで泳いでいた私へのフィンの水流は凄かったですよ(笑)
そのフィン欲しい!
フィンが使える環境が欲しい!!!(笑)

23日は検討しましたが、25日に中長距離大会で4個メを泳ぐので影響を考えてやめることにしました。

マイプールで30日に年忘れ50*108 on1.00
をやりますのでそちらで我慢(?)します。

頑張って完泳してくださいね。
Posted by えいじろう at 2011年12月07日 08:44
あのフィンはジュエンでつい最近販売開始となりました。

堂々とは書けませんが、マイプールは空いていればフィン、パドル黙認です。飛び込みもならぷーでできるので最高の環境にいるんですが、それが泳力に結び付いていれば今頃は、、、(笑)

しかし50*108 on 1'00ってすごすぎ。私は昨年までは25*108 on 0'45で十分に達成感を感じてました^^;
Posted by パーツ at 2011年12月07日 17:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。